読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

、ライン「店舗・スクール」OPPOを成長体内ジン良い、専門学校をもたらすために、

、ライン「店舗・スクール」OPPOを成長体内ジン良い、専門学校をもたらすために、Huawei社と徐々にグローバルブランドを確立するためのスペース。中国KindiのためのIDCのリサーチマネージャーは言った: "これらの強力な国内の携帯電話メーカーとても成功している、彼らはWin-Winの基礎を達成するために彼らのビジネスの利益とチャネルパートナーを共有するために喜んでいる理由は、OPPOとして、長期的な協力と発展を維持することがありますされています。 シャネルiphone7ケースおよびin vivo、彼らは彼らが着実に市場の成長を得るのを助けるために、チャネル・パートナーの正と安定した関係を持っています。」 同時に、国内市場のリンゴ、キビは、サムスンの携帯電話は絞られています。 エルメス iphone7ケース 2016ミレー中国の売上高は36%下落した、Appleが23.2パーセントの減少となりました。中国の携帯電話連盟事務局長古いヤオは21世紀ビジネスヘラルドの記者に語った: "彼らはキビの用語で使用されるようなキビ2年は、オンラインオフラインにプレミアムブランド、オンラインからのチャネルシフトを確立していません。 ルイヴィトンiphone7ケース」 しかし、国内の携帯電話の出荷台数と収益成長率が上昇し利益を意味するものではありません。市場調査会社Canaccord Genuityデータ、2016年第4四半期によると、携帯電話のAppleiPhoneシリーズのわずか18%の世界シェアは、利益は、業界全体の92%を占めました。 ルイヴィトンiphone7ケースが、2017年の第1四半期のAppleの純利益は減少ではなく、国内の携帯電話からのAppleの今でもまだ遠いです。 パッド入りショートボード 2017年には、Huawei社、OPPOは、生体内リーディングポジションを継続し、製品をより重視、チャネル、競争のブランド全体の強度、どのような利点を保持し、ショートボードを克服するかが課題となります。 グッチiPhone7ケース 多くの人が配線チャネルの下で行うように言った前に2月9日、キビ、2017ヤブリ中国起業家フォーラムでの会長兼最高経営責任者(CEO)レイジュン(マイクロブログ)は、利益率を持っている必要があり、最近の頭痛がオフラインのチャネルであることを特徴とします。彼の見解では、キビは今、昨年の終わりに、平方メートルあたりの平均売上高を51家のキビを開いた、ミレー自身が運営する、完全自営業、キビ敷設家、昨年の初めから、つまり、新たな小売モデルを見つけました26万。 エルメス iphone7ケース 2016オフラインチャネル市と郡が続く2017年に主要なキーワード、チャネルの構築です。旧八尾コメント:「過去6ヶ月の間に、OPPOと生体内では、第二層の都市を入力することであった、Huawei社は、郡計画の数千に適用されるが、結果は速くOPPOの生体内と建設を見て。 ルイヴィトンiphone7ケース」 しかし、問題は、「ストアが大規模チェーン店やゲーム店との間に形成されたトレードオフ、であるよりは、現在一般販売OPPO vivoでないとしてお金を反映している。」、日ヤン彪の意見では、ストア内のどこにでも存在します 2017年のオンラインリソースの統合とオフラインの傾向がさらに強化されることを報告における調査会社GFK。 GfKのFutureBuy消費者調査データは、オンラインとオフラインの伝統的な優位性との間のギャップが徐々にワイヤギャップは2015年に18%に2014年には32%から減少している下のお金、および他のに比べて、例えばオンライン市場のために、減少していることを示しています。」ホール現象」(右製品後の店でオンライン消費者の経験、などの衣類、靴、などのオンライン発注書上から下には、)消費者の割合はまた、電話回線レイアウト電力会社の市場店と合わせ、減少し続け、および通信チェーンコスト差が一緒にオンラインとオフライン、減少O2Oモードドライバおよびその他の要因、「上下のリンケージ、 "傾向がより明らかです。 ルイヴィトンiphone7ケース チャネルに加えて、携帯電話の品質とブランドのプレミアムますます注目、OPPOの側面は、2017年にはブランドイメージを促進するための重要な時期になることを記者団に語りました。 「スター・モデルは、最も売れている中国Mate9華為、OPPO R9sは、第三に来て、12月に、市場構造を決定し、昨年中国チャートベストセラーモデル。 グッチiPhone7ケース製品の技術革新の欠如が表示されたら、市場からのフィードバックは0.2016非常に高速でありますOPPO R9で7または8ヶ月を販売しますが、更新R9s R9のような勢いと評判を確立していなかった、プログレッシブ真ん中の製品認識の価値があるHuawei社の価格上昇と革新を "日ヤン彪は、分析記者団に語った」が、比較OPPO、生体内サムスンは、OLEDスクリーンとHuawei社はやや欠けて湾曲スクリーン、私の知る限り理解し、大規模で、今年は、Huawei社の3D曲面スクリーンを、それを提供しないという欠点があります。